使わなくなった楽器の処分方法

楽器についての知識がたくさん

ピアノという楽器の音域メロデイ~

音楽は感動を人々に与えると私は思います。
実際、私も音楽でどれぐらい今支えられたのかが分からないです。
私が音楽を好きになったきっかけはピアノという楽器に出会った時からです。
色々ピアノを弾くことで音楽を知るので難しかったり戸惑うこともいくつかあります。
しかし、私はピアノを弾くことによって、良い意味で音楽のとらえ方が変わったと思います。
ピアノを弾くことで学び、音はいくつもの音があり音域は広くてそのいくつもの音が重なることで和音とい うひとつな音を作り出します。
私はこのことにすごく驚きです。
音楽を学ぶ上で音域やリズム、テンポといった知識も無論大事だと思いますが根本的なのは、音楽を演奏する人や音楽を聴いたりする人も気持ちが大事だと私は思います。
なぜなら両者がその音楽に気持ちが入っていなければ自分や相手に対して気持ちが響かないと思います。
私は気持ちがこもった曲を聴きたいと思うのでこれからもピアノの練習に力を注ぎたいと思います。

音域の観点から楽器を選んでみる

楽器には様々な種類がありますが、特徴の一つとして各種「音域」帯という物があります。
くだけて言うと「どのあたりの音が出るのか」という事になりますが、この音域がその楽器の大きな特徴の一つとなっています。
初めて手になさる方は、例えば好きなミュージシャンがアルトサックスを演奏していた、好きな曲でヴァイオリンが使用されていたなどの理由で選ぶ方もいらっしゃると思います。
ただ種類によってこの「音域」が様々ですので、演奏したい曲のジャンルを考えた場合、よりその特性にあった楽器がある事も事実です。
割と高い音が得意な種類としては、ピッコロやフルートなどがあります。
低い音が得意な種類は、ファゴット、チューバ、コントラバスなどがあります。
比較的低い音から高い音まで幅広く網羅している物としては、ピアノやハープがその代表と言えるでしょう。
演奏したい曲やジャンルを考えた場合、このような特徴を考えながら自分の逸品を選ぶという方法も大事です。

 


『楽器 音域』 最新ツイート

@gakki56suisou

●ピッコロ  吹奏楽の中では、もっとも高い音域を担当する楽器で、C管とD♭管がありますが 現在ではD♭管はほとんど使われません。ピッコロはフルートの一種で、フルートの 1オクターブ上の音を出します。おもに、フルートの旋律を強調する役割を持ってい ます。

16分前 - 2017年11月25日


@Instrument___

サックスは現在、ソプラニーノ、ソプラノ、アルト、テナー、バリトン、バス、コントラバスが使われています。 ソプラニーノはサックスの中で最も音域の高い楽器で、吹奏楽で使われることは滅多に無いです。サックスオーケストラでは良く見かける楽器です。なかなか素人には扱いにくい楽器です。

23分前 - 2017年11月25日


@saxophone_372

【マイナー楽器紹介】 C管クラリネット 最もよく使われるB♭管、オケで使われるA管、より高音域を担当するE♭管に比べて影の薄いC管のクラリネット。B♭管に比べて明るく鋭い音色を持ち、まれに独奏楽器として使用されることもある。音域は… https://t.co/WffoDpXq7V

27分前 - 2017年11月25日


 


recommend

最終更新日:2016/6/22

Copyright(C) 2015 Sounds Good! All rights reserved.