使わなくなった楽器の処分方法

楽器についての知識がたくさん

楽器のケースのソフトタイプとハードタイプの選び方のポイント

ギターやベース、キーボードなどの楽器を買う時には、ケースも一緒に買うことが望ましいです。
バンド活動をする場合には、スタジオやライブ会場に楽器を運ぶことが必要になりますので、ケースは必需品になります。
楽器のケースにはソフトタイプとハードタイプがあります。
ソフトタイプのものは軽いので持ち運びがしやすい点が長所ですが、強い衝撃を与えてしまうと、中に入れているギターなどが故障する場合があるので注意が必要です。
ハードタイプのものはソフトタイプのものよりも重くなりますので、持ち運びをする時の負担は増します。
ハードタイプのものは頑丈に作られていますので、運搬時にギターやキーボードをダメージから守れる点が長所になります。
キーボード用のものはキャスターが付いている場合がありますので、持ち運ぶ時の負担は軽減します。
車で運ぶ場合には、ソフトタイプのものはトランクに入れるよりも、リアシートに置くことが望ましいです。
ハードタイプのものは、車のトランクに入れて運んでも、ギターやキーボードに衝撃を与えることはありません。

大事な楽器を保護するケースは軽さ重視?保護重視?

楽器を入れるケースは、ソフト、ハード、その中間のセミハードなど様々な種類があります。
それぞれの特徴を理解し、自分の移動方法に合った物を選ばないと、あとで「しまった」ということにもなりかねません。
ソフトは材質が柔らかく軽く値段も手頃で、ギターやキーボードのケースはリュックタイプになるものもあり、駅の改札を通る時やエスカレーターでの移動がスムーズです。
ハードはしっかりとした硬質素材の箱型の中にクッション材があり、中にピッタリ収まりしっかりとホールドして運ぶことが可能なもので、キャリーカートに括り付けて運ぶ際の振動などにも安心感があります。
そのため重くてかさばり値段も高価になります。
楽器そのものよりも、ケースの方が高価になってしまっては本末転倒ですね。
購入する時には、持ち歩く自分の姿をよくイメージしてみてください。
交通手段は、徒歩、自転車、車、電車かなど、また、階段が多いか、狭いところを通る必要があるか、他に持ち運ぶ荷物の量はどうかなど、普段のルートを楽器を持って移動する姿をよく想像してみてください。
見た目のデザインや色で決めてしまっては後悔しますよ。

 


『楽器 ケース』 最新ツイート

@Shun_I_715

洋銀の楽器はボロボロに錆びる例が多々あるが、これは素手で触っているせいでもある。 では素手で触られず、基本的にケース内にあるランゲのムーブはどうなんだろう?

1時間前 - 2017年10月23日


@saxnetabot

ストラップが楽器ケースに入ってなくて、焦る。 bluenote91721

1時間前 - 2017年10月23日


@LE0xR1H0

88鍵のシンセをポチッといってやったぜー!!!届いてもしばらくピアノ弾けないけど、楽器の名前今度は何にしよう。新たな相棒には名前をつけて愛でるべし。ついでにハードケースとペダルと譜面台も買いたいがどうしようかな。冬のボーナスかな。いや、レーシックが先かな。

1時間前 - 2017年10月23日


 


Copyright(C) 2015 Sounds Good! All rights reserved.