使わなくなった楽器の処分方法

楽器についての知識がたくさん

使わなくなった楽器の処分方法

家庭で使わなくなってしまったピアノやギターなどの楽器を、燃えないゴミ、あるいは粗大ごみとして処分しようとすると、かなりの金額の処分費用がかかります。
住んでいる自治体によって金額はまちまちですが、数百円から数千円の処分費用がかかってしまうこともあります。
家庭で不要となった楽器は、リサイクル業者や専門の買取店に売却すると、処分費用がかからないばかりか、思わぬ臨時収入を得ることも期待できます。
大型のピアノやエレクトーンのように、リサイクルショップまで自分で持って行くことが難しい場合には、買取業者を家によんで査定をしてもらうという方法があります。
ほとんどのリサイクル業者では、無料で査定を行っています。
電話をかけて、アポイントメントをとるだけで、家まで業者の担当者がやってくる仕組みです。
査定金額に不満があれば、別の業者に見てもらうことも可能です。
売ってしまうのがいやなら、小学校や学童保育所などに寄付するのもよいでしょう。
家庭で使わなくなった楽器を集めて、それを必要としている学校や団体に寄付するNPO法人が、全国各地で活動を行っています。
自治体が仲介して、古いピアノを外国の恵まれない子供たちにプレゼントする試みも行われています。

多様な面から子供の役に立つ楽器の習得

どんな楽器であってもその演奏を人前でできるということは大きなスキルであり一芸として披露するのに有用なスキルとなります。
そういった将来のことも考えて子供に幼いうちから一つの楽器を学ばせておくというのは良い方法です。
その習得を促すことのメリットは一芸としての役割だけでなく、子供の発育にプラスの影響を与える多様な要素が習得の過程に含まれていることです。
音を判別して理解するというのは複雑な過程であって脳に対して良い刺激を与えます。
豊かな感性も身についていくことから脳の機能の向上や豊かな人格形成につながる可能性が高いのです。
また、音感が身につくことによって他のものの演奏のハードルも下がり、将来的に演奏してみたいものが他にできても比較的容易に習得することができるようになります。
音楽という広い枠組みの中で共通の理解を持つ人たちとのコミュニケーションのためにも活用できるのがそういった教育を受けた経験です。
人格や脳の形成から音楽に関わるコミュニケーションの活性化、そして将来的な一芸としての活用に至るまで様々な場面で役に立つのが楽器の習得なのです。
幼いうちの方が習得能力が高いことからも早期に始めるのが有効です。

 


『楽器』 最新ツイート

@tata_no_ji

楽器集め 過去最高数すぎた 笛2琴1三味線2太鼓1 https://t.co/QrMvDE7zR2

39秒前 - 2017年06月23日


@yuttey

@dzfl 楽器はみんなでやると楽しい

48秒前 - 2017年06月23日


@momimomi_nonono

御茶ノ水の楽器店はしごしたい。御茶ノ水じゃなくてもいいけど、これも買いたい。 https://t.co/WrLVexvuP4

56秒前 - 2017年06月23日


recommend

エアガン、エアーガン、ガスガン、カスタムパーツから装備品まで全て大特価の総合エアガン市場!

サバゲ 初心者

コモンシェア株式会社のシェアハウスは、保証人(保証会社)不要、入居費用も格安なので女性が安心して利用できます。

シェアハウス 女性

モーニングコートや結婚式の衣装のレンタルならおまかせください。

モーニング レンタル

Last update:2017/6/16


Copyright(C) 2015 Sounds Good! All rights reserved.